助成金申請なら当サイトにお任せ!

このサイトでは、「助成金申請」に関するさまざまなお役立ち情報を掲載しています。
具体的な内容としては、そもそもその権利を受けるのに満たす必要がある項目全般やその中でも最低条件が「労務管理をしっかりしていること」であること、事業主によってその詳細が変わってくるか、実際に審査されるときの詳細、審査がNGとなってい舞う具体例など多岐にわたります。
その利用を検討している人はぜひ閲覧だけでもしてみることをおすすめします。

助成金申請に条件はある?

助成金申請に条件はある? 雇用系の公的助成金は、各助成金に対して設けられている受給要件に加えて、すべての助成金に共通した要件を満たしてなければ申請を行っても審査に通りません。
一方で、融資と違って要件を満たしてさえいれば、支給してもらうことができる心強い存在です。
上手に活用しましょう。
そんな助成金の申請にあたって必須となる条件としては、労働時間を適切に記録して把握できている、というものがあげられます。
また、給与計算で時間外労働などの割増賃金を適切に計算し支給している必要もあります。
さらに、雇用保険適用事業所の事業主であり、支給のために審査に橋梁的であること、また当たり前ではありますが申請期間中に所定の手続きを行うことも必須です。
注意しましょう。

助成金を申請する際の条件とその対象となる事業所とは?

助成金を申請する際の条件とその対象となる事業所とは? 助成金を申請できる条件は、労働関連法に違反していないこと、雇用保険適用事業所の事業主であることです。
他に過去3年以内に助成金の不正受給を行っていない点も条件となっています。
さらに助成金の対象となる事業所とは、従業員を1名以上雇用していて、雇用保険や社会保険に加入していることです。
尚、これらの保険料を滞納していないこともポイントとなっています。
また半年以内に会社都合で従業員を解雇していないこと、タイムカードや出勤簿で勤怠管理を行っており、そのデータを補完している必要もあります。
従業員と労働条件通知書、雇用契約書を交わしているか、就業規則に定められたルールが運用されているか、週40時間以上の労働をさせていないかなども重要なポイントなので、助成金を申請する場合は確認しておくようにしましょう。
このように助成金の申請は、対象となるかどうかチェックしたり複雑な手続きを行ったりしなければならないので、専門知識を持った社労士に依頼するのもおすすめです。
書類を用意したり、自ら情報収集を行ったりしていると本業がおろそかになってしまう恐れもあるからです。
そのようなことが起こらないように、社労士に依頼するのがいいでしょう。

助成金についてはコチラもチェック

助成金 申請